FC2ブログ

Welcome to my blog

玲衣のランニング日誌

ARTICLE PAGE

フォア寄りの着地を意識して1週間の感想

  • CATEGORYフォーム
  • PUBLISHED ON2018/ 04/ 13/ 12:00
  • COMMENT0
こんにちはฅ•ω•ฅ

フォアフット計画から1週間ちょい経って、フォア寄りの着地というのはそこそこできるようにはなってきている感覚です。

途中経過として、気づいたことや感じたことなどを書きますねφ(`・ω・´)φ...カキカキ...☆


まず、フォアフットってふくらはぎに負担がかかるのでは?と思っていたところがあったのですが、今のところふくらはぎは平気な感じです。

あとは脛も心配だったのですが大丈夫そう。
学生のころ、シンスプリントに苦しんだのでね。。。延々と何年も尾を引いたからね。。。もう二度と奴とは出会いたくない。


負荷を感じているのは、おケツと股関節。

特に、脚を回し続けていると、、、股関節に疲労を感じてきていました。

そして、火・水と2連続でEペースからちょい速めくらいのペースで走ったところ、、、木曜日には股関節周りが筋肉痛に(;・∀・)

こんなところ筋肉痛になるんだね(A;´・ω・)アセアセ



今回、フォーム改良するに当たって、脚を素早く地面に置きに行く。という動作をしっかりできるようにするには、、、ということが課題でした。

前傾ができていれば、あとは素早く脚を体の真下に置きに行くことで自然とフォア寄りの着地になるだろう。という目論みなので(´・ω・`=)

私は結構、上半身からぐいぐい行くタイプだから(オラオラ系?)フォアになりやすいのではないか?と思うし。


で、以前、オークさんにフォームチェックして頂いたときにも指摘されたことだったのですが、脚を前に出したときにビヨーンって膝から下が伸びきってから着地するような癖があって、それがなかなか治らなかった。


意識しないとすぐ戻る。。。疲れてくるとすぐ戻る。。。ゆっくりペースだとだらけてしまってすぐ戻る(*-`∀-)ψヶヶヶ...


ただ、閾値走くらいのペースだと自然とフォア寄りに接地している感覚なので、その感じをもうちょっと遅いペースまで落とし込むようにする。というイメージを持つようにすればいいのかな?と思っていた。


で、いろいろ試してみると、、、置きに行く。という感覚だと、どうも意識としては不足気味なようで、、、

地面を引っ掻きにいく。というくらいの意識で走ってみたところ、そこそこうまくいっている感じになりました。

そうすると、ぐいぐい前に進んでいける感じになる。

人によって表現は異なると思うけど。


フォアの接地感覚を掴むためには、階段ダッシュとかやると、前足部で地面を押す感覚を掴めるかと思います。

階段を駆け足で上るときは踵はつきませんから、前傾してぐいぐい地面を押して体を上に持ち上げていかないと素早く上れないし。

私は、歩道橋の階段はダッシュで上っているので、それがドリル代わり。

歩道橋の階段って段差が小さいから、素早い動きづくりにもちょうどいいかな?と思ってる。

一段飛ばしとかだと、筋トレだね(;・∀・)


やっぱり、動きづくりって大事だなぁ、、、と最近感じます。

流しとか坂ダッシュもちょこちょこ合間に取り入れていくかな。


最後までご覧いただきありがとうございます。

まだまだ先に向かって爆走だ~~~ε=ε((( っ・ω・)っ
応援ポチッと頂けると頑張って走ります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

0 Comments

Leave a comment