Welcome to my blog

玲衣のランニング日誌

ARTICLE PAGE

いつになったらまともに走れるようになるのか? 彩湖周辺~別所沼公園偵察ラン(´・ω・`=)

  • CATEGORYRun日誌
  • PUBLISHED ON2018/ 01/ 27/ 12:00
  • COMMENT0
こんにちはฅ•ω•ฅ


本日の彩湖。
2018.1.27 彩湖

ここはホントに埼玉か?

走る気も削がれて、月間走行距離400kmに黄色信号です。。。

********************************************************************************************
気を取り直して、昨日のラン日誌。

金曜日。相変わらず、寒いです。

起きたくありません。

うちの愛猫も布団の中に潜ってきて私の腕を枕にして寝ているのです。

このまま、一緒に寝ていたいよね(*´・ω・`)ノ

とは思いつつも起きて走る準備をする私。何がそうさせているのか、、、私にもすでにわかりません(*-`∀-)ψヶヶヶ...


前日と同様、トレイルシューズでの出動。

お供はモントレイルのカルドラドⅡちゃんでございます♪
2018.1.26 カルドラドⅡでパトロール出動!

前日とはルート変更して、国道沿いから彩湖へ向かうことにしました。

国道沿いの歩道は雪も溶けてきていて普通に走れる感じになってきてはいたけど、信号ストップがあるし、やっぱりところどころアイスバーンになっていて歩行者と譲り合いながらすれ違う必要があるから、延々と走れる場所は一定区間だけ。

走り始めはなんかやたらと体はきつかったです。

土手に上がる階段を走って登れず。。。歩いて登るという体たらくぶりw

まぁ、走っているうちに徐々に楽になってくるのですけどね。いつもと同じパターン(´・ω・`=)

そして、前日偵察した↓の土手に到着。写真は前日のもの。(彩湖東側横)
2018.1.25 積雪状況④

1日経った状況としては、人がすれ違える幅の雪は溶けていました。

なので、ランシューでも普通に走れる状態に。(本日走ったら、雪解け水が凍って路面凍結してました。。。まだ朝は危ない。)

けど、ここは、横にマンションや住宅街があるせいか?犬のお散歩とかの人が多いから、、、閾値走はちょっとやりにくいところなんですよね。

そのまま、彩湖に入って東側の周回コースを走ってみますが、周回コースはまだ雪が残っています。

日が経つにつれてどんどんアイスバーンになっていっちゃってるから、まだ危ないかな。

前日の↓の部分はのぞいてみたら前の日と大して変わらぬ状況でしたので、西側はまだダメかも。
2018.1.25 積雪状況②

そのまま彩湖を抜けて、いつも閾値走をやっている土手に向かってみます。

最初の土手が溶けてきていたからもしかしたら、、、と思ったのですが、ところがどっこいΣ(-∀-;)Σ(-∀-;)Σ(-∀-;)
2018.1.26 閾値走会場状況
前方が桜区役所。まっすぐ行くとうらとこ街道に繋がる土手。

全然溶けてないがな。。。こっちは人があまり通らないからかな。。。

雪のないところも凍っていて滑ります。

こりゃぁ、今週の閾値走は無理だな( ̄∀ ̄)ウシシシシ♪

せっかくきたので、雪の上をズボズボと走ってみようとしたものの、、、

少し進んでいくと、、、表面が溶けたあとに再凍結していてガッチガチのアイスバーン状態。。。
アイスバーンだとトレイルシューズも役に立ちません。

歩くのも困難だったので引き返しました(A;´・ω・)アセアセ


これ、いつ溶けるんでしょう?


そのあとは、せっかくなので別所沼公園も偵察に行ってみることに。

公園に到着すると、人一人分通れる幅はしっかりと除雪されていますし、ランニングコースはそこそこ溶けてきているところもあり。

でも、東側は一人分の道幅しかないし、脇の雪は下手に踏み固められて凍ってしまっているので乗っかると危ないかな。

この公園は一般の人も通り抜けるので、走っていると前を歩いている人がよけてくれるのが、ちょっと申し訳ない。


とは言っても、彩湖のほうもまともに走れるようになるのは来週でしょうか。。。

日向でも気温が低いからか?なかなか雪が溶けませんね。


完全に、ランニング難民です(A;´・ω・)アセアセ


2018.1.26 朝Run

2018.1.26 ラップ

雪の溶けているところをできるだけ選んだので、何とか前日よりはまともに走れました。



最後までご覧いただきありがとうございます。

次はサブ3.5に向けて爆走だ~~~ε=ε((( っ・ω・)っ
応援ポチッと頂けると頑張って走ります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

0 Comments

Leave a comment